脇の汗を拭きとる女性

女性でも悩んでいる方が多い「ワキガ」や「ワキ臭」。
汗をかいたら制汗剤や汗ふきシートを使用する方も多いですよね。
最近の制汗アイテムは良い香りがするものも多く、パッケージやスプレー缶のデザインも可愛いものが増えてきました。
ですが、それでもワキの臭いが改善できないと悩んでいる方も少なくないですよね。
市販のデオドラントスプレーやシートにも良い面はありますが、しっかり臭い対策をしたいなら、もっと徹底したアイテム選びも大切だと思います。
今回は女性にオススメのワキガ、ワキ臭対策法をお教えしましょう。

ワキガは遺伝するもの!人に移る心配は無い

男性同様、「ワキガ」に悩んでいる女性は多いです。
周囲の反応が気になったり、汗がかけないとストレスが溜まったり、「うつる!」と言われてるのでは?とたくさんの不安をかかえているかと思います。
まず、誤解しないで欲しいのが《ワキガは人に移らない》という事。
もし今、ワキガを人に移してしまわないか心配になっているのであれば深く考える必要はありません。
焦って、制汗剤や汗ふきシートを乱用する必要もありません。
落ち着いて少しずつ、改善していけば良いんです。

市販のデオドラント商品でワキガは治る?

自分の脇の臭いに思わず鼻をつまむ女性
手っ取り早くワキガやワキ臭を抑える事ができる商品と言えば「市販のデオドラント商品」ですよね。
スーパーやドラッグストアはもちろん、コンビニなどでも気軽に購入できますし、香りやタイプも含め実に多くの種類が販売されています。
市販のデオトラント商品には制汗スプレーや汗ふきシートなどがありますが、皆さんは愛用していますか?
携帯用のもあるので持ち運びも便利ですし、値段もお手頃なのですが、市販のデオドラント商品ではワキガやワキ臭を一時的に抑えることはできても、治す(改善する)事はできません。

ワキの臭いを十分に対策・改善するには殺菌や抗菌、保湿に制汗など様々な条件が揃っていないといけないので、市販の商品ではほぼ不可能なんです。

またワキガやワキ臭がより酷い場合、制汗スプレーも汗ふきシートもほとんど意味を成しません。
むしろ、香料と混じってより変で強烈な臭いになってしまうことも・・・。
市販のデオトラント商品は一時的な臭い対策、「汗」を拭いたり、止めたりするものという事を頭に入れておきましょう。

制汗剤やスプレー、汗ふきシートでは根本的な対策ができないとなるとちょっと不安になりますよね。
そこで紹介したいのが「クリアネオ」というワキガ(強いワキ臭)に悩む方向けに作られたワキガ専用のクリーム。
「わきがの人が1番欲しいニオイケア商品」の第1位にも選ばれ、満足度も約97%と実績と信頼の高い商品なので、ワキガ対策に行き詰まっている方も一度試してみてはいかがでしょうか?
(参考:わきが治療の方法

クリアネオって本当に効果があるの?クリアネオの気になる特徴

人気のワキガ対策商品は通販だけでも様々な種類があります。
それだけ人気のある商品があると「本当に効果があるの?」と心配になってしまいますよね。
そんな方の為に「クリアネオ」の特徴をまとめてみました。
一時的な対策しかできない市販のデオドラント商品とはどのように違うのかチェックしてみましょう。

クリアネオの特徴

クリアネオには「長時間汗を抑える」働きのあるパラフェノールスルホン酸亜鉛などの優れた制汗成分がバランス良く配合されており、一時的な対策になってしまう市販のデオドラント商品よりも、長く臭いや汗を抑える事ができます。
さらに厳選した抑臭成分も7種類配合しており、無添加・無香料でお肌に優しく使用できるのが特徴。
ワキの臭いを十分に対策・改善する殺菌や抗菌、保湿、制汗という条件を満たしているんですね。
天然成分配合、無添加・無香料なのでお子さんのワキガ対策にも使用できるそうです。

また、クリアネオはワキ以外に耳の裏や足など全身にも使えるんですよ!

保証期間無制限&定期便1回で解約可能

多くの通販商品は保証期間が決まっていたり、定期便や定期コースも○回継続と条件がつきますが、クリアネオは保証期間無制限&定期便1回で解約可能となっているのも大きな魅力の1つです。
昔はクリアネオも定期便に回数条件があったりしたみたいですが、今はもっと気軽に「お試し」もできるようになりました。
お試しがしやすいと通販初心者でも安心ですし、使ってみよう!という気持ちにもなりますよね。

返金保証制度の対象は「初回注文分の1回のみ」となっているので注意してください。
定期便を利用していれば、返金保証書の使用期限は無いので安心してください。

女性のワキガ、ワキ臭対策にオススメの「クリアネオ」。
少し興味を持っていただけたでしょうか?お得で便利な定期便を利用しても、気軽にお試しできるので機会があれば申し込みしてみると良いかと思います。
わざわざ費用の高い手術を無理に受ける必要はありません。
まずは