汗をかくなら着替えを10枚持て、汗かいたらこまめに拭け
一日中仕事のために靴を履いていれば、どうしても靴の中は汗で蒸れてしまい、靴下を脱いだら臭いがしますよね。
蒸れた状態がより一層、靴下をクサくすることになるので、靴下を洗濯する奥さんに嫌な顔をされることになるのです。
もちろん靴下だけではなくシャツ類にも汗などの臭いが付いてしまいますから、洗濯をする奥さんからは嫌な顔だけではなく文句まで出てくることになるのです。

夫婦関係を良好に保つためにも、夏場になって汗をかく機会が増えるのであれば、しっかりと対策をしておかなければなりません。
靴の中の蒸れは足のクサさに繋がりますし、汗をかいたときの体臭は周囲の人たちにも迷惑をかけるのです。

クサイ洗濯物は奥さんの機嫌を悪化させる原因

営業などで外を出歩く仕事の場合、どうしても汗をかく量が増えてしまいます。
夏場は涼しい室内で仕事を続けている場合でも汗をかくぐらいですから、外回りとなれば相当な量の汗をかく事になるのです。
ただ、この汗を仕事だから仕方が無いと思っていても、奥さんの理解は得られませんし機嫌が悪くなる原因になるのです。

クサくなった靴下やシャツなどを洗濯するのが奥さんならば、臭いで気持ち悪くなり、もう洗濯したくないと言い出すこともあるのです。
自分で洗濯することになるよりも、普段から臭い対策をしておいた方が家庭内だけではなく職場での人間関係も良くします。
いくら仕事でもクサイ人には近づきたくないですから、奥さんのように文句を言わないだけで職場でも嫌われている事も多いのです。

靴を脱がなければ靴下の臭いは広がりませんが、シャツに汗じみが出来るほどの汗をかけば見た人は鼻をつまみたくなるものです。
いくら汗をかかないように頑張っても、出来る事には限界がありますから、しっかりとした対策で汗クサさなどを抑えることが大事なのです。
そうしないと帰宅した際に臭うようになり、家族に指摘されることもあるのです。

汗をかいたらこまめに着替えることが必要

会社内で仕事をしている場合には、室温の設定を下げるなどの方法で汗をかかないようにすることが出来ます。
ですが外回りの仕事をしている場合には、どうしても屋外を歩くことになるので汗を抑えることは出来ませんよね。
仕事とはいえ汗で濡れた状態で会社に戻れば、びしょびしょのワイシャツを見られることになるのです。

汗をかいた場合にはすぐに着替えて汗を拭く

外回りから会社に戻った時には、すぐにシャツや靴下を着替えて、汗をしっかりと拭き取る対策が必要になるのです。
1日に何度も職場と営業先を往復する場合には、用意する着替えが多くなるので難しくなります。
ですが、1回や2回ぐらいであれば着替えを用意しておくこともできるので、職場では乾いた状態で汗クサくならずに過ごすことが出来るのです。

職場では蒸れやすい靴ではなくサンダルで過ごす

靴の中が蒸れた状態になると気持ち悪さも出てきますから、靴下を履き替えるだけではなく、職場ではサンダルを履くこともおすすめです。
汗を吸った靴を履いていれば、蒸れて雑菌が繁殖してしまい靴と靴下の両方がクサくなるので履き続けるのは良くありません。
サンダルならば通気性も良く、靴下も新しいものに履き替えれば臭いも気にならないのです。

臭いの原因は雑菌なので繁殖させない

すぐに着替えることによって、身体の雑菌が繁殖してクサくなる事が抑えやすくなります。
いつまでも濡れた状態でシャツや靴下を履いていれば、増えた雑菌が付着して洋服までどんどんとクサくなっていくのです。
こまめに着替えて汗を拭き取ることで、雑菌が繁殖しにくい状態になれば、洗濯物に付く臭いも抑えやすくなるのです。
洗濯物の量は少し増えてしまいますが、臭いに関しては抑えられるので奥さんも気持ち悪くならずに済むのです。

着替えるのが難しい場合には他の対策が必要になる

たまにしかないのであれば、何枚ものシャツや靴下を用意して着替えるのも難しくないでしょう。
ですが仕事によっては毎日のように外回りに行く事になるので、そうなると洗濯物の量が問題になります。
いくら臭いが抑えられてもやはり洗濯をするのが奥さんならば、今度は洗濯物の量の多さに対して文句が出てくるのです。

職場でサンダルを履くのも難しい場合がありますから、もっと手軽に出来る対策としておすすめなのはデオドラント商品を足や身体に塗っておくことです。
その場合には汗を抑えるだけの制汗スプレーなどではなく、臭い対策もしっかりと出来る商品が必要です。
デオシークやクリアネオであれば、制汗と臭い対策がまとめて出来るのでおすすめです。

嫌われないためには汗と臭いの対策が必要になる

制汗スプレーで汗対策をしていても、次第に汗をかいてしまいますし頭などからも汗が流れてくるので間に合いません。
ですからシャツなどが臭くならないようにするためには、汗と臭いの両方の対策が必要となるのです。
自分で出来るから奥さんに迷惑をかけないで済む

臭い対策として汗をかいたらすぐに着替える方法もありますが、どうしても洗濯物が増えるので良い対策ではありません。
ですがデオシークやクリアネオを使った対策であれば、自分で出来るので奥さんに負担をかけず迷惑にもならない方法なのです。
しかも